七 夕

二十四節気では「小暑」の頃──、
水辺の蓮が開き、木立から蝉の声が聞こえ始めます。

小暑とは、暑さが次第に強まる時季のこと。
この日から八月初旬に訪れる立秋までを
「暑中」と呼び、暑中見舞いはこの期間に
送ることがしきたりとなっています。

七月七日は、五節句のひとつ「七夕(しちせき)」。
願いごとを書いた五色の短冊を笹竹に吊るし、
星に祈りを捧げる慣わしで親しまれています。

七夕とは、古代中国に伝わる織女星(しょくじょせい)と
牽牛星(けんぎゅうせい)の星祭りの説話や、
織女星にあやかり技芸の上達を願う
「乞巧奠(きこうでん)」の風習に、
日本古来の民間儀礼や盆迎えの行事が結びついたもの。

かつては、里芋の葉に降りた夜露を集めて墨をすり、
梶の葉に歌をしたためて、
詩歌や文字の上達を願いました。
これが元となり、短冊に願いごとを書くように
なったと言われています。
また、七夕の宵には、初物の野菜や穀物などの
お供えとともに、盥(たらい)に水を張って飾り、
水面に映る星を愛でたそうです。

天の川の両岸に輝く、織女星と牽牛星──。
織姫と彦星の伝説で知られる二つの星の逢瀬を、
季語では「星合(ほしあい)」「星の契(ほしのちぎり)」
「星の閨(ほしのねや)」などと例え、
多くの詩歌が詠まれてきました。
星に想いを馳せて願いを託す、
はかなくも美しい言葉です。